新しいスタイルの葬儀の準備

お寺の僧侶を呼んで、読経をあげてもらうばかりが葬儀ではありません。

仏教徒ではなく無宗教の人も多い日本では、新しいスタイルの葬儀を行う人も増えています。例えば、宗教や宗派に関係なくできるのが、お別れの会です。家族と親しい親族のみで密葬を行い、別にお別れの会を行うケースが多いです。儀式にとらわれない葬儀ができるので、故人らしい葬儀が可能です。また、いつでも行えるので、十分に準備をする時間が取れます。

お別れの会は、香典を受け取る、香典を受け取らない、会費制、の3種類があるので、どれにするか案内状に書いて送る必要があります。お別れの会は家族主催とは限りません。家族主催の場合には香典受け取りか会費制が多いです。社葬のような会社主催のお別れの会は、香典を受け取らないケースが多いです。友人、有志主催のお別れの会は、会費制がほとんどです。お別れの会は、案内状に書かれていないのであれば、喪服ではなくて平服で構いません。ただし、派手すぎる、カジュアルすぎるファッションは失礼にあたるので、なるべく落ち着いた色合いの平服でまとめましょう。

お別れの会のスタイルも色々あります。告別式に近いスタイルのセレモニー型は、生花で飾られた祭壇に一人ずつ献花していきます。ホテルやセレモニーホールで行われる立食パーティーを伴うのは、パーティー型です。スライドショー、演奏会、など読経や焼香を伴わない方式で行います。また、セレモニー後にパーティーを行うミックス型のスタイルもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *