葬儀の形式を決めて準備

一般的な宗教葬儀ではなく、家族葬、直葬、などの方法もあります。

準備する時には、まずどの形式で行うのかを決めておくと、スムーズです。それと同時に、参列者のだいたいの人数も把握しておくと良いです。まず一般的な宗教葬儀は、平均相場が150~200万円ほどかかります。宗教者を読んで、その宗教方式に従って行います。

仏式で注意が必要なのは、菩提寺以外の宗教や宗派で葬儀をあげると、納骨を断られてしまう可能性があることです。これまで先祖代々納骨していた墓が使えない可能性があるので、墓のある宗派で行うほうが良いでしょう。菩提寺がない場合には、葬儀会社から紹介された寺を利用します。最近では、自由葬というスタイルもあります。宗教や習慣、しきたりにとらわれずにできる自由な形式です。

平均相場はピンからキリまであり、内容によって異なります。故人が好きだったものを反映させるなど、自由でオリジナルな方法で行うことができます。家族葬は、家族のみで行う形式です。平均相場は30~60万円ほどです。密葬と混同されることが多いですが、密葬は一般の人には葬儀が終わるまで故人の死を伝えず、遺族と生前親しくしていた友人だけで行う形式です。

直葬は、通夜と告別式を省いて火葬だけ行う形式です。病院や自宅から直接火葬場に搬送します。費用は10~25万円と非常に安くすみますが、物足りない感じが残るなどということもあります。儀式にこだわらない人に向いています。
市原の葬儀のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *