葬儀の準備は以前では

以前は近所で葬儀が行われるとなった時には多くは自宅から出棺をするようなものだったこともあり、近所の人達の助けを得て葬儀の準備が行われてきました。

その時にはその町内に、葬祭などを取り仕切るような人も何人かはいて、その中で交代で葬儀などを取り仕切っていたのです。男性のする仕事には、その家の中の片付けやら、僧侶を呼んで、その接待をする人などがいました。女性は葬儀を出す家の人たちや手伝いをしている人達の食事の用意をして、通夜振る舞いの支度をしたものでした。その準備も手順がそれぞれにあり、食事を作る場所を決めたり、食器の用意をしたり、買い物をしたりと忙しく立ち振る舞っていたものです。

葬儀が始まると受付をし、参列者の案内をもしていたものです。そして火葬場へと棺を運ぶのも手伝いの男性がしたものでした。しかし、現在の葬式での準備は家族が親戚や知り合いに通夜、告別式の日取りを伝えたり、通夜振る舞いの料理を何にするのかを決めたり、祭壇をどのようなものにするかなどを決めるだけで、特別に近所の人達の手伝いが必要とはしなくなってきました。

それは近所づきあいが色濃く残っている地方においても、多くの手伝いをしてもらわなくてもよくなっているのです。専門の会社の人からの助けをもらい、スムーズに行われるようになっています。これまでと違うやり方となってきた葬式です。家族の人数も少なくなってきている今日では葬式も変化してきました。
市原の葬儀のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *