葬儀準備と業者の選定

葬儀会社を選ぶ時には、まだ頭が混乱している状態です。

病院で亡くなった場合、2時間で安置場所に移動させられるので、時間がありません。そこから雪崩を打ったようにして準備を進めていかなければならないので、混乱します。一人でやるのは不可能なので、遺族で助け合いながら進めていくことが大切です。喪主となる人が中心になって決めますが、喪主はたいてい故人に縁の深い人で、大きなショックを受けている状態です。そのため、冷静に判断できないこともあります。

冷静さを欠いている場合には、親族はもちろん、信頼できる友人や知人に立ち会ってもらって決めるようにしましょう。葬儀会社を決める時には、少しでも良い業者を選ぶことが大切です。具体的には、まずは死を軽率に扱わないところです。利益目的で運営しているような業者は避けたほうが良いでしょう。喪主や遺族の話を聞かずに一方的に話を進めていくようなところではなく、きちんと話を聞いて、こちらが納得した上で段取りを進めてくれると安心です。そして、費用についてはしつこすぎるくらい慎重になりましょう。

葬儀会社の料金形態は、不明瞭なことで有名です。項目ごとに分かれていないことも多く、内訳が曖昧なことも多いです。気づいたら不要なものまで追加されていて、後で追加料金を取られてしまったというトラブルも少なくありません。トラブルも避けるためにも、担当者に内訳について細かく確認してもらいましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *