返礼品飲食費が入っていない葬儀の料金プラン

葬儀会社のホームページには、規模に応じた葬儀の料金プランがいくつか書かれています。

たいていの業者は料金だけを強調し、その葬儀プランの中に何が含まれているか、わかりにくいように記載されてあります。これを信じ、見積もりを出したり、なんの確認もしないまま契約してしまうと、後で話が違ったなんてことが起こってしまいます。多くの人が勘違いしているのは、葬儀に関する料金として出されているプランには返礼品や飲食費の値段が含まれていると思いこんでおり、実際は含まれていない値段を見てるに過ぎないということです。

そのプランに、返礼品や飲食費の値段が入っているかどうか、この確認は必ずしておきましょう。お葬式に関する返礼品と飲食費は平均で50万円前後と言われています。また、料金プランに含まれているものはグレードが一番低いものを使っているため、もしそれに不満があったり、なんらかのオプションをつけざるを得ないとその値段は一気に上がってしまいます。

ホームページに記載されていた値段と実際払う値段がかなり違ってくるのはこうしたことから起こりえるのです。値段の食い違いを防ぐためには、まずプランそのものを鵜呑みにせず、細かく中身を聞く必要があります。それによって、双方の勘違いが解消され、値段のトラブルを防ぐことができます。また、予算を最初から告げるのもいいでしょう。そうすることでその予算の中に収めてくれるはずです。一番いいのは、最初から分かりやすくプランを提示してくれる業者を見つけることですが、そうであってもこれらのことはやるようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *