適正なのか見た目にはわからない葬儀料金

葬儀会社によっては、自社の会員になれば料金を大幅値引きするとか、安く利用できるなどの売り文句で営業をかけてくる場合があります。

また相談に訪れても、具体的な数字が出てこず、安否を心配する言葉を並べ結局見積もりが出てこないという場合もあります。そういったところに限って、びっくりするような額を後で請求することがあるため、あちらから営業をかけてきたり、業者の思うがまま契約するのは絶対に避けましょう。業者の手口としては、会員になれば棺や祭壇を半額で利用できるなどの言葉で会員にさせ、そこで葬儀をやらせるというものが主流になっています。

半額で利用できるとなるとかなりお得に見えますが、どこかに利益がなければこうしたことはできません。葬儀において、この項目の原価がいくらかなどは分からないようになっています。定価自体、業者によってバラバラなのではっきり言って業者の言い値で料金が決まっているので、半額にしても結果として利益が出ていることもあり得ます。そもそもの料金設定が高すぎるのであり、決して割安ではないのです。

なので、この値段が本当に適正なのか、パッと見ただけではわかりません。葬儀料金を抑えるには、細かな項目をチェックし、細かな注文を葬儀会社にしていく他ありません。業者に任せるとすぐにオプションを追加させられるため、そうならないよう、削れるところは全て削る姿勢で臨むようにしましょう。自分たちが主導してお葬式を発注すれば料金の高騰を防ぐことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *