葬儀の様々な形式について

一言に葬儀とはいっても、様々な形があります。

一般的な葬儀は、参列者を呼び、通夜と葬式、告別式などを行います。しかし、参列者を家族や親しい者だけで行う家族葬という方法もあります。会社の社長や会長といった方が亡くなった場合には、社葬という会社が主催者となって行われる方法や、会社と遺族が合同で行う合同葬というものもあります。そういった葬儀には、多くの場合は宗派が関係しており、仏式やキリスト教式、神式など、宗派によって形式が多少異なることになります。近年では、宗派を問わない自由葬という形式も増えてきております。

故人が好きだった音楽を流したり、映像や光の演出など今までの葬儀の概念にこだわらない故人の好きなもので供養することを第一に考えたタイプです。それに似たお別れ会といった簡単な形式のものもあります。ホテルなどの会場を借り、料理をたべたりしながら故人を偲びます。遺骨を粉状にし、海や山など、遺骨を自然界に再生させるという意味のスタイルである自然葬は、簡素でありながら、遺族の負担が少ない方法です。

そのため、近年では急増している方法です。まだ生きている間に葬儀を挙げる方法の、生前葬というものがあります。生きている間にお世話になった人に感謝の気持ちを伝える、遺族にたくしたい言葉を伝えるなどができる方法となります。様々な形式があるものの、遺族によっては、一般的な形式以外は望まない人もいる場合があり、呼ぶ人と呼ばない人の厳選についてもトラブルになる可能性があるので、しっかりと遺族同士で話し合うことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *