葬儀でタブーとなる言葉について

葬儀では、使ってはいけない言葉があります。

中には、つい言ってしまいそうな言葉も多いので、うっかり使わないように気を付けることが大切です。まず、繰り返しや連想を意味する言葉として、くれぐれや度々、しばしば、再びといった重ね言葉。生死に直接関係する言葉である、死、亡くなる、死去や生きる等もタブーとされます。仮に使用しなければいけない話の流れになった場合は、ご逝去や生前といった言葉に置き換える必要があります。

葬儀の際に安易は励ましの言葉もタブーとなります。「頑張って」や「暗い顔しないで」など安易な言葉を投げかけるのは失礼にあたります。タブーとなる言葉以外にも、何度もお悔やみの言葉を述べたり、ご遺族のお話しにオーバーなリアクションをすることも失礼にあたります。さらに、故人様が亡くなった際の死因についてご遺族の方に直接聞くこともタブーとされます。葬儀の際に、基本的に使われる一般的な言葉であるお悔やみの言葉として使われる「この度は心からお悔やみ申し上げます」や「ご冥福をお祈りします」などといった言葉を使う際にも注意が必要となります。

それは、亡くなった理由や誰が亡くなったかによって、この言葉が変わる場合があるためです。しかし、これらの言葉は大抵の場合は使用しても問題がない言葉です。一般的に問題がないという言葉であったとしても、続けて沿えるのはマナー違反となるので、何回も使うのは控えることが大切です。葬儀という場は、とてもデリケートな場所なので、マナー違反となる言葉をなるべく使わないようにすることが大切です。葬儀に対して慣れているという人はほとんどいないと思われますが、最低限のマナーとして、注意しておくことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *