葬儀を行うまでに決めておくこと

ある日突然、家族や親しい身内の死に直面することがあります。

喪主や遺族は哀しみに暮れる間もなく、さまざまなことを決めなければなりません。それではお通夜・お葬式までに何をしなければいけないでしょうか。まず決めることは次の三つです。ご遺体をどこに安置するか、お通夜・お葬式はどこで行うか、どんな内容・形式にするか、です。病院で死を迎えた場合、葬儀社に依頼してご遺体をどこかに搬送しなければなりません。通常は自宅に搬送しますが、葬儀社がすでに決まっている場合はそこの霊安室へ搬送することもあります。

病院と提携する葬儀社に搬送してもらうこともできますが、お通夜やお葬式までお願いする必要はありません。納得できる葬儀社を検討して依頼した方が後々のトラブルも防げますので、搬送だけをお願いしましょう。お葬式を行う場所は、公営や民営の斎場、自宅などさまざまな選択肢があります。公営の場合は時期によってはこんでいて、すぐ行えない場合があります。お葬式の形式には、従来通りのやり方で行う一般葬、家族や親しい身内だけで行う家族葬、お通夜を省略しお葬式のみ行う一日葬、葬式も行わず火葬のみ行う直葬(火葬式)などがあります。

故人の考えた方も尊重しながら、遺族同士でよく相談して決めましょう。また誰を呼ぶかも決める必要があります。その後、予算を立て、葬儀社に依頼して希望をもとに見積もりを出してもらい、どこに頼むかを決めます。担当者と打合せを行い、斎場や火葬場の空きを確認して調整しながら日程を決めていきましょう。お葬式の流れや料理、返礼品なども確認します。日程や段取りが決まれば、参列者に連絡します。ここまでがお通夜までの段取りとなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *