葬儀のマナー「お焼香の作法」

仏式の葬儀に参列した際には、多くの場合お焼香の順番が回ってきます。

あまり慣れていない場合には、お焼香の作法がよくわからず、隣の人の見よう見まねで行っている人も多いのではないでしょうか。葬儀で恥ずかしい思いをしないように、作法をしっかり見に着けておくことでいざというときに困らないでしょう。お焼香とは、一般的には香木を砕いた破片を香炉に移し煙と共に故人の冥福を祈るものです。

また、煙によって邪気を払うという意味もあります。お焼香をあげるうえで一番大切なのは、故人を思う気持ちです。作法を気にしすぎて故人への思いをないがしろにするのでは本末転倒です。作法も大切ですが、まずは故人への冥福をしっかり祈りましょう。お焼香の作法は、宗派によって異なります。執り行われる葬儀の宗派に合わせるとより丁寧なものとなりますが、すべての宗派に対応することは困難です。

その様な場合は、自分の宗派のものでもかまいません。基本的な動作は、左手に数珠をかけ、右手の親指と人差し指と中指の3本で、香木をつまみます。次につまんだ香木を額の高さまで持ち上げます。この動作を「押し頂く」といいます。そして隣の香炉に指をこすりながら移します。

宗派によってこの動作を1回から3回繰り返します。焼香はいくつかスタイルがあります。立って行うことを「立礼焼香」、座って行うことを「座礼焼香」、参列者のところに回す「回し焼香」があります。いずれも、お焼香を行う作法は一緒です。しかし、何よりも大切なことは故人を思う気持ちです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *