葬儀は亡くなった人の為でも残された者の為でもある

身近な、大切な人を亡くした時は深い悲しみに包まれます。

ただ、悲しみに暮れてばかりいるわけにはいきません。すぐに葬儀の段取りに入らなければならないからです。まずは、遺体を安置する場所へ移動してあげなければなりません。病院で亡くなった場合は、病院側と懇意にしている葬儀屋を紹介されることもあります。そこに任せても良いですし、自分が選んだ業者に依頼してももちろん構いません。移動することだけとりあえずその業者に頼むこともよくあります。

まず決めるべきは、お通夜と告別式の日程です。亡くなった次の日がお通夜、その次の日が告別式と言うのが一般的ですが、親族の都合や参列者のことを考え、そうではないこともあります。何時に開始するのか、喪主を誰にするのか、受付はどうするのかなどおおまかなことを決めたら、日時を知らせるべき人に連絡をしていかなければなりません。深い悲しみの中でこれらを全て行っていくのは、とても大変なことです。しかし、亡くなった人が大切であればあるほど、きちんと送ってあげるためにしっかりと段取りをしてあげたいです。通常はお通夜と告別式が終われば、そのまま火葬場へ移動します。

荼毘に付している間は少し待ち時間があります。この時は親族一同が顔を揃え、ゆっくり話をするのに最適です。その後の法要についてよく話し合うと良いです。すぐに悲しみが癒える事は無いかもしれませんが、辛さを抱えながらもしっかりと葬儀で送ってあげることで、気持ち的に一区切りつけることができます。せわしなく動くことで、気が紛れるということもあるでしょう。葬儀は、亡くなった人をしめやかに送ってあげるためでもあり、残された者の気持ちを整理するきっかけにもなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *